Author: Kusama

オンラインカジノサイト

草間 彌生さんの最新アート展示会の2つの作品を写真付きでご紹介します。ラスベガスのベラージオカジノの詳しい解説付きです。

昨年12月から草間 彌生さんのアート作品展がラスベガスのBellagio Gallery of Fine Artというカジノリゾートで展示会を行なっており、現在も展示中だ。今回の展示では目玉となる2点の作品が展示されている。その一つはInfinity Mirrored Room: Aftermath of Obliteration of Eternity(無限のミラールーム、永遠の忘却の余波)というテーマで、金色のランタンが鏡が張り巡らされた室内いっぱいに広がり、暗闇に落ちて行く寸前の空間に美しいシンメトリックな模様を描き出している。見る人は部屋に入って中央の台に立つと、光とその反射が包み込む無限の水平線に包まれるような感覚になる。草間 彌生さんの芸術哲学として人をポルカドット模様の、その中の一つに過ぎないというが、この鏡は宇宙の端まで伸びて行くような無限の感覚を味あわせてくれるものだ。この中に立っていると、自分という存在も、自分がどこにいるのかも忘れてしまう。草間 彌生さん自身はこの作品について、めまいのするような、ワクワクするような「自我の忘却」という。この光と闇の織りなす幻想的な空間は、命のサイクルや時間というもののを思い起こさせてくれる。 もう一つの作品は、Narcissus Garden(ナルキッソスの庭)と名付けられた、鏡面加工の球体がごろごろと床に並べられている作品だ。この作品では鏡を使うことで、物質的な世界を抜け出し、光と心理の奥に迫るような、草間 彌生さんのはじめての作品である。参加者がその中に入ると、自分たちが作品の一部になる。もともとこの作品は1966年のもので、ヴェニスに非公式の形で参加したものだ。その時はイタリアパビリオンの前の芝生に設置していた。そこには「ナルキッソスの庭」「ご自身のナルシシズム販売中」と書かれていた。その間草間 彌生さんは着物姿でたち、球体を一つ$2で販売されていた。この成功が元になり、ニューヨークでの活動に注力されることになった。 この作品を展示しているBellagio […]

オンラインカジノサイト

ネットカジノ会社が草間彌生生先生のインスパレーションでヒッピーなオンランカジノサイトを作ったら?

まずは草間彌生先生について紹介します。   1950年代にNYに単身で渡り、映像、インスタレーション、彫刻、絵画など幅広いジャンルにおける美術作品で一躍有名に。さらには、詩や小説など文学の分野でも一線を走り続けています。 彼女の作品全てに共通して言えるのは「常に最先端にいる」ということです。 草間彌生先生の模倣をする人はいても、草間彌生先生が誰かを模倣することはありません。 「無難」な作品は全く存在しません。   様々な分野に影響を与えている草間彌生作品ですが、 まだ、彼女の芸術とコラボレーションしていないジャンルがあります。 それは「オンラインカジノ」です。 映画・アニメ・ゲームなどを題材としてカジノゲームはたくさんありますが、芸術を題材にしたギャンブルゲームは恐らく存在しません。 では、草間彌生先生の作品とネットカジノがコラボレーションしたらどのようなものになるのでしょうか。   まず、インターネットギャンブルに付き物である「BGM」は排除される事でしょう。 あるのは効果音のみ。その効果音も消して良いくらいかもしれません。 例えば、オンラインスロットをプレイすると、局面に合わせて草間彌生先生の絵が映し出されます。絵柄が揃ったときには、詩や小説の一文が出てくるかもしれません。オンラインギャンブルについて詳しくはこちらからご覧ください。https://www.Japan-101.com/オンラインカジノ/   とにかく、オンラインブラックジャックをしようが、オンラインポーカーをしようが、そこにあるのは「ゲーム」と「彼女の作品」のみ。 不思議で、まるで画面の中に引きずり込まれるかのように、ギャンブルゲームが展開されていく事でしょう。   […]