ネットカジノ会社が草間彌生生先生のインスパレーションでヒッピーなオンランカジノサイトを作ったら?

オンラインカジノサイト

まずは草間彌生先生について紹介します。

 

1950年代にNYに単身で渡り、映像、インスタレーション、彫刻、絵画など幅広いジャンルにおける美術作品で一躍有名に。さらには、詩や小説など文学の分野でも一線を走り続けています。

彼女の作品全てに共通して言えるのは「常に最先端にいる」ということです。

草間彌生先生の模倣をする人はいても、草間彌生先生が誰かを模倣することはありません。

「無難」な作品は全く存在しません。

 

様々な分野に影響を与えている草間彌生作品ですが、

まだ、彼女の芸術とコラボレーションしていないジャンルがあります。

それは「オンラインカジノ」です。

映画・アニメ・ゲームなどを題材としてカジノゲームはたくさんありますが、芸術を題材にしたギャンブルゲームは恐らく存在しません。

では、草間彌生先生の作品とネットカジノがコラボレーションしたらどのようなものになるのでしょうか。

 

まず、インターネットギャンブルに付き物である「BGM」は排除される事でしょう。

あるのは効果音のみ。その効果音も消して良いくらいかもしれません。

例えば、オンラインスロットをプレイすると、局面に合わせて草間彌生先生の絵が映し出されます。絵柄が揃ったときには、詩や小説の一文が出てくるかもしれません。オンラインギャンブルについて詳しくはこちらからご覧ください。https://www.Japan-101.com/オンラインカジノ/

 

とにかく、オンラインブラックジャックをしようが、オンラインポーカーをしようが、そこにあるのは「ゲーム」と「彼女の作品」のみ。

不思議で、まるで画面の中に引きずり込まれるかのように、ギャンブルゲームが展開されていく事でしょう。

 

ちなみに、以前行われた草間彌生先生の展覧会では「巨大なかぼちゃ」という作品が屋外に飾られました。

5メートル×高さ4.5メートル、黒と黄色のコントラストが斬新な大きなかぼちゃです。

草間彌生先生コラボのカジノゲームのイメージキャラクターとしては、このかぼちゃがふさわしいのではないでしょうか。

ここまで「草間彌生先生の作品がオンラインCasinoとコラボしたらどうなるか」ということについて、私なりに予想してみました。

 

さて、ネットカジノの運営側が熱烈にオファーをすれば、草間彌生先生自身がギャンブルゲームを手掛けるということもあり得るのではないかと思います。

50年以上に渡り芸術の最先端を走り続けている草間彌生先生です。

「オンラインカジノならではの芸術性」を魅力的に感じてくださる可能性もあるのではないでしょうか。

べラジョンカジノやカジノエックスなど、世界的なインターネットカジノの運営の方々にはぜひ検討していただきたいところです。